【GOOPASSレビュー】カメラのレンタルGOOPASS(グーパス)を利用してみた契約・レンタル・解約まで

こんにちは。zookomiです。

この記事ではカメラなどの機材のレンタルサービスGOOPASS(グーパス)を実際に利用してみたので、利用方法やメリットデメリットを踏まえた感想をお伝えしますね。

最近のカメラ事情は、初心者向けのカメラでも非常に高価なものが増えたなという印象です。

最初から結構な金額を積まないと参入できない、年々ハードルが高くなっているように感じます。

実際に始めるにしてもカメラ・レンズ込みで10万円〜なんてのもざら。

カメラをせっかく始めるのであれば長く続けてほしいと思う私なのですが、そんな始めの一歩を後押ししてくれるサービスがレンタルサービスなんですよね。

この記事を読んでほしい人
  • 本格的なカメラを使ってみたい方
  • 購入前に一度試してみたい方
  • 購入に失敗したくない方
  • 旅行の時など一時的にカメラ・レンズを使ってみたい方

カメラを始めてみたい方はもちろん、カメラをガチで使っている方も非常に有効に使えるサービスなので、ぜひ一度試してみてほしいです。

zookomi
私も実際にレンズをレンタルしてみました!

まずGOOPASSを利用したメリットデメリットをまとめてみました。

7つのメリット4つのデメリット
カメラへのハードルが下がる
購入の失敗が減らせる
たくさんの機材が試せる
保証制度がしっかりしている
返却方法がいろいろある
キャンペーンが定期的に開催
PASSの解約・変更が簡単
別に梱包料がかかる
レンタルは基本1商品
QR返却が限られている
長く使うなら購入の方が安い

\ 機材をコスパ良く借りるなら/

それでは詳しく解説していきますね。

目次(タップできる目次)

GOOPASS(グーパス)は機材レンタルサービス

カメラのレンタルは今までも様々な会社があったと思います。

そんな中、2017年に創設され参入してきたのが。まだ新しい企業と言えますね。

これまでカメラ・写真に特化したサービスは正直パッとせず、「これだ!」というのを見かけなかったのですが、GOOPASSはSNS等を活用しながら多くの方に認知されてきているように感じます。

カメラやその周辺機材に特化しているだけあり、多くの種類の機材等を取り扱っています。

  • カメラの機材:カメラ本体、レンズなど
  • カメラアイテム:三脚、フィルターなど
  • 動画関係:ジンバル、ドローンなど
  • 周辺機器:MacBookなど

全部で約2500種類以上(今も増え続けています。)

\ ラインナップを見てみる/

GOOPASSでレンタルできる機材を紹介する画像
レンタルできる機材 GOOPASSより

レンズから何からありますね。

GOOPASSで取り扱っているカメラマウントを解説する画像
レンタルできるカメラマウント GOOPASSより

今勢いに乗っている人気のカメラマウントやオールドレンズや昔のカメラやレンズなどもラインナップされており、アイテムの充実感がわかります。

GOOPASSでレンタルでいるメーカーを解説する画像
レンタルできるメーカー GOOPASSより

カメラ関係のアイテムがびっしりとありますね。

レンタルできないのあるの?というくらいしっかりと網羅されているのがわかります。

GOOPASS(グーパス)の料金とレンタル期間

価格のイメージ

のカメラレンタルの仕組みは少し独特で、ここで「どうゆうこと?」ってなる方もいると思います。

この章ではGOOPASSの料金体系とレンタル期間について解説していきます。

  • 月額(サブスク)プランについて
  • ワンタイムプランについて

月額(サブスク)プランについて

GOOPASSは月額(サブスク)プランではRANK(ランク)制度という方法を導入しています。

RANKはLv0 PASS~Lv10 PASSまでの11段階。

GOOPASSのRANK制度を解説する画像
GOOPASSより

RANKによって借りることのできる機材が変わってきます。

RANK上がれば上がるほど価格も高くなっていきますが借りれる機材の質も上がってきます。

月額(サブスク)プランの特徴は契約期間内であれば機材の入れ替えがし放題、返却期限も気にしないで使い放題になります。

料金月額(サブスク)プラン
※1配送あたり1,500円+税(1,650円)
契約期間1ヶ月(自動更新)
返却期限契約期間内であれば使い放題
レンタルできる数1PASSあたり1商品

PASS(プラン)を追加契約すれば、レンタルできる商品の数も増えます。

1プランあたり1商品なので、最大3つのプランを契約すると3商品同時にレンタルすることができます。

\ ラインナップを見てみる/

ワンタイムプランについて

2023年の10月に登場したワンタイムプラン。

レンタル期間は1泊2日から選ぶことができます。

GOOPASSのワンタイムプランを解説する画像
GOOPASSより

以前は月額プランだけだったのですが、ワンタイムプランが開始されより利用しやすくなりました。

ちなみにRANK2のアイテムであれば1泊約5000円。2泊で約6000円ほどとなっています。

価格設定は相場と同じくらいです。

GOOPASSのワンタイムプランを解説する画像
GOOPASSより

しかし、アイテムによって価格は違うので、借りたい機材の価格を確認してみてください。

\ ラインナップを見てみる/

ワンタイムプランが登場したことによって、より手軽さが増しましたね。

実際にレンタルしてみた

実際に月額プランに登録してレンタルしてみたので、その感想をお伝えしていきます。

新規会員登録から解約・一時停止までの流れを6つのステップで解説します。

新規会員登録

まずは新規会員登録をします。サクッと5分でできますよ。

PCの場合は右上の鉛筆ボタン、会員登録からすることができます。

GOOPASSの会員登録の仕方を解説する画像
GOOPASSより

新規会員登録にはメールアドレスとパスワードが必要になります。

GOOPASSの新規会員登録を解説する画像
GOOPASSより

アドレスとパスワードを記入し利用規約に同意すると、自分宛にメールが送られてきます。

GOOPASSの新規会員登録を解説する画像
GOOPASSより

届いたメールのURLにアクセスし、本登録に移ります。

URLにアクセスするとメールが認証されます。

GOOPASSの新規会員登録を解説する画像
GOOPASSより

認証されると確認のメールが届きます。

メールの内容は下の画像の通り。

GOOPASSの新規会員登録を解説する画像

これで会員登録完了です。

zookomi
難しくないのでサクッとできますね。

本人確認情報の登録

会員登録が完了したら次に本人確認情報を登録します。

高価な機材をレンタルするので、万が一の際の保証を受けるためにも必要な登録です。

登録内容は3つ。これもそこまで大きな手間はかかりません。

  • 住所などの入力(SMS認証)
  • 身分証明書(運転免許証やマイナンバーカードなど)の撮影
  • 顔写真の写真撮影
GOOPASSの本人情報確認の登録を解説する画像
GOOPASSより
GOOPASSの本人情報確認の登録を解説する画像
GOOPASSより

指示される手順に従えば10分もかからずに終わりますよ。

PASSの契約・商品注文

本人確認情報を登録後に実際にPASSの契約をします。

まず、借りたい機材のRANKを確認してください。

今回レンタルしようと考えているのは、RANK2のアイテム。

GOOPASSで契約・商品注文をする手順を解説する画像
GOOPASSより

今回利用するのは「サブスクプラン」なので下の「このプランでレンタル」を押します。

GOOPASSで契約・商品注文をする手順を解説する画像
GOOPASSより

「+新規PASSを契約」にチェックを入れます。

GOOPASSで契約・商品注文をする手順を解説する画像
GOOPASSより

「上記内容に同意してPASSの契約手続きを進める」にチェックします。

GOOPASSで契約・商品注文をする手順を解説する画像
GOOPASSより

オプションで同時にフィルターも借りることができますので、試してみたい方は一緒に選ぶといいでしょう。

GOOPASSで契約・商品注文をする手順を解説する画像
GOOPASSより

「お届け希望日時」を選択してください。時間も希望できるので、ご自身のライフスタイルに合わせて決めてください。

できるだけ余裕を持った日時選択をおすすめします。

GOOPASSで契約・商品注文をする手順を解説する画像
GOOPASSより

「お支払い情報」を入力します。

GOOPASSはクレジットカードのみの対応なので注意してください。

GOOPASSで契約・商品注文をする手順を解説する画像
GOOPASSより

「ご注文内容の確認」をします。

GOOPASSで契約・商品注文をする手順を解説する画像
GOOPASSより

注意事項をよく読んで「注文を確定する」をクリックします。

GOOPASSで契約・商品注文をする手順を解説する画像
GOOPASSより

PASSの契約と商品の注文ができました。

到着まで待ちます。

zookomi
最初はドキドキしますが慣れると問題なしです!

商品到着・実際にレンタルした機材

指定した日時に商品が到着したので早速開けてみます。

zookomi
機材が届くとワクワクしますね!

到着したときは下の写真のような感じです。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

つまみの部分があるので、それを引っ張れば簡単に開けることができます。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

「ようこそ、GOOPASSのある世界へ」という言葉が出てきて、迎入れられられたような気持ちになりますね。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

箱を開くと素敵な言葉が添えられていたり、使い方がわからない方のためのQRコードなどが記載されています。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

実際に開けてみると、非常にシンプルな梱包ですが、しっかりと守られています。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

機材の中身をまずは確認しましょう。

中身の確認は到着後3日以内です。不備があったら即対応するためですね。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

機材を取り出してみました。

梱包材と段ボールは返却のときに使用するので、捨てないでくださいね。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

梱包材から中身を取り出すと、ケースにレンズが入っています。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

ケースから取り出して機材の状態を確認します。

レンタルですので、物によっては使用感などを感じるかもしれませんが特に大きな問題ではないでしょう。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

レンズキャップなど複数の箇所にGOOPASSのシールが貼ってあります。

剥がさないようにしましょう。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

フィルターも装着されているため、安心感がありますね。

GOOPASSで注文した商品を受け取り、中身を確認するを解説する画像

普通に扱えば何も怖いものはありませんので、安心して利用できますね。

商品の返却・交換

機材を使用したので、実際に商品を返却します。

zookomi
返却も簡単でした!

マイページに、借りている商品が記載されているので、そこから商品を返却を開始します。

商品返却手続きに移り、「返却方法」を選びます。

おすすめはQRコードを使用した返却方法なので、今回はその方法を解説します。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像
GOOPASSより

荷物の情報を入力します。

品名はカメラ、レンズなどと記入します。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像
GOOPASSより

次に利用者情報を入力しますが、GOOPASSの会員なら自動で入っているので大丈夫です。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像
GOOPASSより

入力内容を確認します。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像
GOOPASSより

利用規約を確認します。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像
GOOPASSより
GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像
GOOPASSより

利用規約を確認したら、郵便局かローソンのQRコードを選んでください。

私はローソンを選びました。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像
GOOPASSより

完了するとメールが送られてきます。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像

返却のために梱包を始めます。

簡単に言うと、到着したときの形に戻します。

その際に一緒についてきた梱包材と段ボールを使用するので、捨てないでください。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像

段ボールにはテープがあるので、これを使用します。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像

下の写真のような形にします。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像

あとは郵便局やローソンで発送して完了です。

返却が完了したら、メールが届きます。発送して、次の日かその次の日あたりには届きますね。

GOOPASSの商品を返却する手続きを解説する画像

以上が返却の手順でした。

最初は手間取るかもしれませんが、慣れれば簡単です。

パスの解約

1ヶ月で契約は自動更新になります。

次の月の支払いなどがきついなと感じるときはいつでもPASS契約の変更・解約をすることができます。

実際の解約は次の更新日になるので、解約を予約するという形になります。

解約するにあたり条件があります。

それは、「現在借りている商品の返却が完了していること」なので、必ず商品を返却してから解約手続きを行なってください。

まず、ログインして、マイページに移ります。

そこで「PASSの変更・解約をする」ボタンを押します。

GOOPASSの契約の変更・解約を解説する画像
GOOPASSより

次のページに移ったら、一番下にある「PASSの解約予約」ボタンを押します。

GOOPASSの契約の変更・解約を解説する画像
GOOPASSより

「PASSを変更する」というページが出てくるので、また下の方に行ってもらい、「解約予約する」のボタンを押します。

変更する場合は、違うPASSで契約してもいいですね。

GOOPASSの契約の変更・解約を解説する画像
GOOPASSより
GOOPASSの契約の変更・解約を解説する画像
GOOPASSより

送られてきたメールを確認し、更新日が来たら解約になります。

GOOPASSの契約の変更・解約を解説する画像
zookomi
解約も特に難しい手続きもなくできるので安心です!

実際にレンタルしてかかった料金

実際にサブスクプランに契約して使ってみました。

私はLv2 passを契約し、1ヶ月でレンズを2本レンタルしました。

私が撮影しに行くのは週末が多いです。

使うなら、せめて2週間借りれるといいなと感じていたのでサブスクプランで契約しました。

サブスクプランは契約中であれば期限を気にしないでレンタルすることができるので気持ち的に楽でした。

GOOPASSでレンタルしてかかった料金を解説する画像
GOOPASSより

Lv2 PASSだとRANK0〜2までの約1350種類の機材をレンタルすることができます。

サブスクプラン Lv2 PASS1,1980円
往復配送料1,650円×2=3,300円
合計15,280円

全部込みで月15,280円でした。

RANK2だと10万円近辺の機材をレンタルすることができます。

今回は1ヶ月の間に2本のレンズを借りました。

気になっていたレンズ(20万円相当)を期間を気にしないで、15000円ほどで借りれたのは十分価格に見合った内容だと感じましたね。

実際に借りたレンズのレビュー記事はこちら。

GOOPASS(グーパス)の4つのデメリット

この章ではGOOPASSの4つのデメリット見ていきます。

デメリットを把握しておくと、安心して使えますね。

別に往復配送料がかかる

契約したプランとは別に往復配送料が掛かります。

支払いはカードになりますが、短い期間で何回も機材を交換すると往復配送料が嵩み、結構良い値段になってしまう場合があるので注意が必要です。

GOOPASSの配送料を解説する画像
GOOPASSよくある質問から

多くの方に知れ渡り、より企業が発展したら改善されることだと思いますので、改善を期待しつつ利用していきたいですね。

基本1商品、同時レンタルは3商品まで

サブスクプランの場合1プランごとに借りれる機材の数は1商品です。

契約している間は使い放題・機材入れ替え放題なので、仕方のないことです。

もし、もう一つの機材を期間を気にしないでレンタルする場合は新たにサブスクプランを契約する必要があります。

GOOPASSでレンタルできる機材の数について解説する画像
GOOPASSより

ただ、ワンタイムプランを活用するとサブスクプラン1商品+ワンタイムプラン2商品の計3商品を借りることができます。

GOOPASSでレンタルできる機材の数について解説する画像
GOOPASSより

サブスクプランも最大で3つまでの契約できるので、期限を気にしたくない方はサブスクプランを上手く利用できるといいでしょう。

結婚式などのイベントで活用したい方はワンタイムプランとサブスクプランを併用するなど臨機応変に対応していく必要があります。

QRコード返却が限られる

返却する際にQRコードでの返却が非常に簡単で使いやすいのですが、QRコードでの返却は3つの場所でしかできません。

  1. 郵便局
  2. ローソン
  3. ファミロッカー
GOOPASSの返却方法について解説する画像
GOOPASSより

近くに郵便局やローソンがあれば使いやすいです。ファミロッカーに関しては関東にはありますが地方にはないのが現状です。

もう少し返却できる場所が増えてくれるとよりさらにレンタルのハードルが下がります

ちなみに私はローソンで返却していましたが、QRコードをかざすだけでできるので、とても簡単でしたよ。

長く使うなら購入の方が安い

分かってはいるのですが、長期で機材を使うのであれば当然購入の方が安いです。

例えばLv2PASS(約12000円)を10ヶ月使用すると12万円。

10万円のレンズと撒き餌レンズが買えてしまいます。

サブスクプランを契約して、ある程度使い、出番が多そうであれば購入するのが良い選択です。

使い所を考えなければなりませんが、上手に使うと様々な機材を試せるので、失敗したくない方や購入検討中の方にはもってこいのサービスと言えますね。

\ 機材をコスパ良く借りるなら/

GOOPASS(グーパス)の7つのメリット

この章ではの7つのメリットを見ていきます。

\ ラインナップを見てみる/

カメラへのハードルが下がる

スマホのカメラの進歩とともに、安価なコンパクトカメラなどが無くなり、カメラ・レンズは高級な物が増えてきました。

各メーカーもガチでカメラを趣味にしている方を対象に、機材を制作しているように感じます。

つまり、初心者が参入するには非常にハードルが高くなっている趣味といえます。

しかも、実際購入しても設定がどうだこうだと覚えることも結構あり、継続が難しいのが現実です。

そこで、多くの機材を試せるレンタルサービスはカメラへのハードルを一気に下げてくれる頼もしい存在です。

zookomi
カメラは楽しいのでぜひ続けてほしいんです。

はサブスクプランもありますがワンタイムプランもあり、1泊ほどであれば数千円から1万円ちょっとでレンタルが可能です。

GOOPASSの料金を解説する画像
GOOPASSより

一時的にサブスクプランを利用してガンガン借りて多くの機材を試すも良しです。

数千円から1万円ちょっとという価格は決して安くはありませんが、一気に数十万とかかるわけではないので心理的なハードルはグッと下がります。

\ 機材をコスパ良く借りるなら/

購入の失敗を減らせる

レンタルサービスを利用することで購入の失敗を減らすことができます。

勢いで、十数万円もする機材を導入しても、失敗した……と、なるのは誰でも嫌な物です。

まずはレンタルで十分に試し、使う機会が多くなりそうな場合は購入るなど、レンタルのワンクッション挟むと冷静に機材を揃えることができますね。

納得して購入できるのが一番です。その一助としてレンタルサービスを利用するのは十分ありな選択肢ではないでしょうか?

たくさんの機材を試せる

約2500種類以上の機材を取り扱っています。

GOOPASSの商品の種類の多さを解説する画像
GOOPASSより
GOOPASSの商品の種類の多さを解説する画像
GOOPASSより
GOOPASSの商品の種類の多さを解説する画像
GOOPASSより

このラインナップを見るだけで、取り扱っている機材の多さを実感できると思います。

カメラを存分に楽しみながら自分に合う機材を探す旅に出ることができます。

いろいろ試せるって楽しいですよね。

機材を眺めているとあれよあれよと時間が過ぎていってしまうので気をつけてくださいね(笑)

\ ラインナップを見てみる/

保証制度がしっかりとしている

GOOPASSは補償制度もしっかりとしています。→GOOPASSの補償制度

GOOPASSの保証制度を解説する画像
GOOPASSより
負担上限金額5000円
RANK1以下の機材の場合2000円

補償制度がしっかりしているのは安心ですよね。

とはいえ、借りている機材なので壊したり、盗難に遭わないように細心の注意を払って扱うことが大前提です。

盗難に関しては補償制度が適用されないので十分注意が必要です。

返却方法が多様

多様な方法で返却することができます。

GOOPASSの返却手続きを解説する画像
GOOPASSより

近くに郵便局やローソン、ファミロッカーがあればQRコードでの返却が可能なので、めっちゃ楽です。

在宅の場合は佐川急便さんに集荷依頼するのもありでしょう。

いずれにしても返却の手間もあまりかからないのは、非常にありがたいことですね。

キャンペーンが定期的に開催されている

では定期的にキャンペーンやイベントが開催されています。

GOOPASSのキャンペーンを解説する画像
GOOPASSより
GOOPASSのキャンペーンを解説する画像
GOOPASSより

キャンペーンでは契約しているLvのPASSのRANKよりも高いRANKの機材が借りられるようになっていたり、普段よりも安く契約できたりします。

キャンペーンを利用することで、よりお得に機材を試すことができますね。

GOOPASSのキャンペーン・イベントを解説する画像
GOOPASSより

カメラに関するイベントやフォトコンなども定期的に開催されています。

その景品として、「1ヶ月どのRANKの機材も借り放題」みたいなものもあり、チャレンジしがいのあるイベントもあります。

実は、会員以外でも参加できるものもあるので、気軽に参加できるのも良い点です。

\ ラインナップを見てみる/

PASSの解約・変更が簡単

サブスクのサービスのイメージって解約しにくいイメージありませんか?

「PASSの解約」で解説しましたが、GOOPASSは解約までの手順が非常に明瞭・簡単なんです。

実はめっちゃありがたいことで、解約してもまた必要なときに気軽に契約しようっていう気持ちになります。

親切なことに、契約更新日の1週間くらい前には「更新日が近づいています」メールが届くので、さらに安心です。

GOOPASSから届く契約更新日の連絡を解説する画像

解約や変更が手軽だと安心ですね。

\ 機材をコスパ良く借りるなら/

GOOPASS(グーパス)の口コミ

X(旧ツイッター)での口コミ

配送料は気になるところですが、特段否定的な口コミもなく、良好なサービスのようです。

GOOPASS(グーパス)HPの口コミ

GOOPASSの「お客様の声」を見てみました。

HP内でも送料については高いと言われているが、サービスの満足度は非常に高いみたいですね。

GOOPASSの口コミを解説する画像
GOOPASSより
GOOPASSの口コミを解説する画像
GOOPASSより

まとめ|もはや機材はレンタルの時代

今回はを実際に使用してみたレビュー記事でした。

結論を言うと、安心して必要なときに使えるめっちゃ便利なサービスといえます。

GOOPASSはこんな人におすすめ
  • 本格的なカメラを使ってみたい方
  • 購入前に一度試してみたい方
  • 購入に失敗したくない方
  • 旅行の時など一時的にカメラ・レンズを使ってみたい方

メリット・デメリットは次の通り。

7つのメリット4つのデメリット
カメラへのハードルが下がる
購入の失敗が減らせる
たくさんの機材が試せる
保証制度がしっかりしている
返却方法がいろいろある
キャンペーンが定期的に開催
PASSの解約・変更が簡単
別に梱包料がかかる
レンタルは基本1商品
QR返却が限られている
長く使うなら購入の方が安い

機材が年々高価なものになる一方、レンタルサービスが充実してくると、カメラへのハードルが下がり取り組みやすくなります。

のサブスクサービスの安心かやワンタイムプランの気軽さもユーザーのことを考えられたサービスです。

試しに一度使ってみることをおすすめしますよ。

\ 機材をコスパ良く借りるなら/

今回は以上です。

最後まで読んでくださりありがとうございます。コメントなどいただけると、記事の質向上や励みになります。ぜひお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

zookomi0124のアバター zookomi0124 東北のフォトグラファー

「おくのほそみち」というテーマで、東北を中心とした写真を撮影しています。
ブログの趣旨
写真を楽しむ全ての人に向けた
・写真を楽しむための撮影テクニック
・カメラなどの機材、アイテムのレビュー
・SNS運用
などを発信
SNS総フォロワー10万人
GENICなどの写真雑誌への寄稿など多数

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップできる目次)