【ブラックミスト No.05レビュー】付けるだけ!映画のような写真が撮れる傑作フィルター|作例あり

ブラックミストNo.05レビュー

皆さんこんにちは。東北のフォトグラファーのzookomiです。

今回の記事はフィルターのメリットと、フィルターの中でも気になっている方も多いであろうレビューしていきます。

この記事がおすすめな方
  • フィルターについて知りたい方
  • ブラックミストNo.05に興味がある方
  • ブラックミストNo.05の作例が見たい方

日々写真を撮影している中でいつもと少し違った雰囲気の写真が撮りたいなと思ったり、最近自分の撮る写真がどこか物足りないと感じたりすることはありませんか?

私はよくあるのですが、皆さんはいかがでしょうか。

写真の雰囲気をちょっと変えたいときはフィルターを装着するのがおすすめです。

今は、装着するだけで写真の雰囲気がガラッと変わるフィルターがたくさんあります。

中でもはSNSで爆発的に拡散され、一躍人気のフィルターとなりました。

フィルターを装着して撮影するだけでドラマチックな写真が撮れるフィルターです。価格も比較的安価で、コスパのいいアイテムです。

ブラックミストの作例

それではいきましょう。

目次(タップできる目次)

フィルターの3つのメリット

ここでは簡単にフィルターを付けるメリットを3つ解説します。

手軽に写真の雰囲気を変えることができる

変化するを説明する写真

フィルターをつける最大のメリットは手軽さです。

フィルターと言ってもクロスフィルターやPLフィルター、今回紹介するなど様々な種類があります。

レンズを交換しなくてもレンズにフィルターを装着するだけで、いつもと違った雰囲気の写真を撮ることができます。

レンズに装着するだけという手軽さは魅力的ですね。

安価な物も多い

価格をイメージさせる写真

フィルターは種類が豊富にあります。しかも安価な物も多いのも魅力的でしょう。

例えば、2,300円〜の価格で購入することができます。

新しいレンズを購入することを考えてみましょう。レンズは数千円では購入することはできませんよね。

最低でも数万円からになってしまいます。価格的には手を出しにくいと言えるでしょう。

当然、レンズにはレンズの良さがありますが、手軽に導入することはむずかしいです。

その点フィルターは数千円から導入することができるので、チャレンジしやすいです。

導入しやすいフィルターといえばNDフィルターも一つです。

NDフィルターを使用して撮影する長時間露光について解説した記事もぜひあわせて読んでみてください。

レタッチの負担を軽減できる

レタッチの作業

写真を撮ることは楽しい。でもレタッチが面倒、大変という声も多く聞きます。

フィルターを付けて撮影すると、ある程度雰囲気が完成するので、レタッチの負担を軽減する効果もあります。

風景を撮影する方はNDフィルターやPLフィルターをつけて撮って出しで完成させる方もいるくらいです。

フィルターは写真の完成度を高めてくれるアイテムです。

レタッチが面倒、大変だと感じている方はフィルターをつけて撮影することも選択肢の一つに入れてもいいですね。

ブラックミストNo.05とは

ブラックミストの作例 街灯の写真

ここまでフィルターのメリットを解説してきました。

メリットを踏まえて、も見ていきましょう。

ブラックミストNo.05とは
  • ソフトフィルターの一種
  • 装着することで、ハイライト部(明るいところ)とシャドウ部(暗いところ)のコントラスト(明暗差)を抑え、柔らかい雰囲気に変えてくれる
  • NO.1もあるが、その半分の効果ということでNo.05と表記されている。

ブラックミストフィルターを装着することで街灯や車の光がにじんだりぼやっとしたりし、映画のワンシーンのようなドラマチックな写真を撮影することができます。

なぜこれまで、フィルターを付けてこなかったのかと思わせてくれるくらいの効果を発揮します。

作例を一つ見てみましょう。

ブラックミストの作例

夜のコインパーキングの光が柔らかくぼんやりとしています。

明暗差が抑えられることで写真にしっとり感が出ます。さらに、光がふわっとすることで柔らかさも感じられます。

普段見ている場所も、雰囲気が変わることで違った見え方がして刺激になりますね。

ブラックミストNo.05メリット・デメリット

メリットデメリット
ドラマチックな雰囲気に手軽に作れる
安価に取り入れることができる
撮影のテンションを上げてくれる
レンズのフィルター径に合わせて購入する必要がある
割れる危険性がある

2つのデメリット

デメリットを伝える
2つのデメリット
  • レンズのフィルター径に合わせて購入する必要がある
  • 割れる危険性がある

デメリット1|レンズのフィルター径に合わせて購入する必要がある

フィルターの準備

を複数のレンズに装着したい場合はそれぞれのレンズのフィルター径に合わせてそろえていく必要があります。

しかし、フィルター径を一つ大きいものや小さいものに変換するというアイテムがあります。

これは、例えば67mmのフィルター径のレンズがあり、持っているフィルターは72mmしかない場合、アダプターを使うと一つ大きい(または小さい)フィルターを付けることができます。

そのためフィルターの数は少なくて済みますね。

デメリット2|割れる危険性がある

割れるイメージ画像

に限った話ではないのですが、フィルターは衝撃に弱いです。

落下したりぶつかったりすると、簡単に割れてしまいます。

ある程度注意して取り扱わなければなりません。

割れたフィルターの破片がレンズを傷つけてしまう可能性もあるので、気を付けたいですね。

3つのメリット

良かった点のイメージ画像
3つのメリット
  • ドラマチックな雰囲気を手軽に作れる
  • 安価に購入することができる
  • 撮影のテンションを上げてくれる

メリット1|ドラマチックな雰囲気を手軽に作れる

ブラックミストの作例

は装着するだけで、ドラマチックな雰囲気を出すことができるフィルターです。

ドラマチックな雰囲気は本来であれば、レタッチを駆使して作り出すものですが、フィルターの装着だけでできるのは大きな魅力です。

メリット2|安価に購入することができる

価格のイメージ

は49mmのフィルター径で2,300円〜購入することができます。

フィルターは比較的安価なものも多く、効果も即効性があります。

非常にコスパのいいアイテムです。

レンズを購入するよりは取り入れやすくおすすめです。

メリット3|撮影のテンションを上げてくれる

撮影のテンション

はいつもと違う雰囲気で写真が撮れるので、撮影のテンションを上げてくれます。

これは結構大きなことで、撮影していて楽しいのは表現の幅の広がりや、「次は違うシーンで撮影してみよう。」など、次のチャレンジにもつながるはずです。

写真を楽しむことで、その人らしい写真となります。

ブラックミストNo.05 おすすめの撮影シーン2選

おすすめのシーンを想起させる写真
おすすめの撮影シーン
  • 夕暮れから夜にかけてのシーン
  • 早朝や夕方の逆光シーン

夕暮れから夜にかけてのシーン

ブラックミストの作例

おすすめのシーン1つ目は夕暮れから夜にかけての時間帯です。

個人的には、夜の撮影が好きなこともあり、を付けていると夜の街灯や信号機を特に撮影してしまいます。

コントラストを程よく抑えてくれるので、雰囲気のある写真を撮影することができます。

また、夕暮れの日が落ちてから街灯が点灯し始める時間帯もおすすめです。

を使うと、よりエモーショナルを感じる写真を撮影することができます。

街中だと街灯も多く、より雰囲気が出やすいのでおすすめです。

おすすめの時間帯・場所
  • 夕暮れから夜にかけての時間帯
  • 街灯がつく頃の時間帯
  • 街中は街灯などが多くおすすめ

早朝や夕方の逆光のシーン

ブラックミスト作例(逆光)

2つ目が、早朝や夕方の逆光シーンです。

上の写真は逆光を撮影しました。の効果で太陽の光がにじみ、良い雰囲気を出してくれています。

光を柔らかくしてくれ、さらに雰囲気のあるフレアも発生させてくれるので、オールドレンズのような描写をしてくれるのも魅力的です。

太陽を撮影するのも良いですが、反逆光の場面でのポートレート撮影もおすすめです。

ケンコー・トキナーのページでも作例を確認できますので、チェックしてみてください。

おすすめの時間帯・場所
  • 早朝や夕方の逆光シーン
  • 海や平地などの太陽が入りやす場所
  • 街中の太陽の光がよく入る場所
  • ポートレート撮影にも向いている

ブラックミストの作例

ブラックミストの作例 街灯の写真
Sonyα7Ⅲ タムロン70-180mmF2.8
ブラックミストの作例
Sonyα7Ⅲ タムロン70-180mmF2.8
ブラックミストの作例
Sonyα7Ⅲ タムロン70-180mmF2.8
ブラックミスト作例
Sonyα7Ⅲ タムロン70-180mmF2.8
ブラックミストの作例
Sonyα7Ⅲ タムロン70-180mmF2.8
ブラックミストの作例
Sonyα7Ⅲ タムロン70-180mmF2.8
ブラックミストの作例
Sonyα7Ⅲ タムロン70-180mmF2.8
ブラックミスト作例
Sonyα7Ⅲ タムロン70-180mmF2.8
ブラックミストの作例
Sonyα7Ⅲ タムロン70-180mmF2.8
ブラックミストの作例
Sonyα7Ⅲ タムロン70-180mmF2.8
ブラックミストの作例(逆光)
Sonyα7Ⅳ FE24-70mmF2.8GMⅡ
ブラックミスト作例(逆光)
Sonyα7Ⅳ FE24-70mmF2.8GMⅡ

まとめ|コスパのいい良フィルター

今回はレビュー記事でした。

メリットデメリット
ドラマチックな雰囲気に手軽に作れる
安価に取り入れることができる
撮影のテンションを上げてくれる
レンズのフィルター径に合わせて購入する必要がある
割れる危険性がある

は手軽に取り入れられるフィルターの一つです。

写真の雰囲気を安価で手軽に変えられるコスパのいいナイスなアイテムです。

取り入れると、表現の幅が広がってより写真が楽しくなりますよ。

それではまた!

ブラックミストNo.05レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

zookomi0124のアバター zookomi0124 東北のフォトグラファー

「おくのほそみち」というテーマで、東北を中心とした写真を撮影しています。
ブログの趣旨
写真を楽しむ全ての人に向けた
・写真を楽しむための撮影テクニック
・カメラなどの機材、アイテムのレビュー
・SNS運用
などを発信
SNS総フォロワー10万人
GENICなどの写真雑誌への寄稿など多数

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップできる目次)