【カメラ・レンズをカビから守る!】東洋リビングの防湿庫をレビュー|ED-41CAT

こんにちは。zookomiです。

この記事は、のレビュー記事です。

この記事がおすすめな方
  • カメラの保管方法は防湿庫が良いこと
  • 東洋リビングの防湿庫を検討している方
  • 防湿庫の購入を検討している方

カメラやレンズの保管に困っている方はいませんか?

カメラは見栄えがかっこいいので、棚におしゃれな感じで飾っている人をみかけます。

ただ棚に飾っていると正直、危険です。

何が危険かというと、「カビ」と「転落」です。

カメラやレンズは思っている以上にデリケートなもの。

放って置くとあっと言う間にカビが生えます。

地震や不意に棚にぶつかるなどしてしまったら、落下してしまい、レンズは割れしまいます。

そこで、カメラやレンズの保管におすすめなのが防湿庫です。

今回は、私が長年使用している東洋リビングの防湿庫を紹介します。

東洋リビングは防湿庫界では超老舗でトップを走り続けている企業。

なんと約50年防湿庫に携わっている企業です。

今回は数ある防湿庫の中から現在使用しているを紹介します。

現在の中身は、ミラーレス一眼×1台、コンパクトカメラ×2台、写ルンです×2つ、望遠レンズ×1本、標準レンズ×1本、広角レンズ×1本、単焦点レンズ×1本を収納しています。

コンパクトな作りなのに、結構入るのすごいです。

容量は比較的コンパクトなサイズですが、3年以上使用しています。実はこのサイズを使用する前はもう一回り大きいと東洋リビングの防湿庫を使用していました。

現在は新しいモデルになっているので、若干仕様は変わっているようなので、貼っているリンクは新しいモデルです。

まず、メリットデメリットを下の表にまとめてみました。

メリットデメリット
超簡単な設定
稼働しているのかわからないくらいの無音
部屋に馴染むデザイン
地味にありがたいサービスコンセント
トップテーブルの使い勝手が良い
堅牢性がすごい
省エネ
価格が高い
色が選べなくなった

結論から言うと、カメラ・レンズを確実に守ってくれているので導入の価値ありです。

詳しく解説していきます。

東洋リビング (Toyo Living)
¥35,673 (2024/04/11 03:12時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

それではいきましょう。

目次(タップできる目次)

基本スペック

の基本スペックを見ていきます。

型名ED-41CAT(B) ※現在は2型になっています
外寸W×H×D→338×459×356mm
内寸W×H×D→332×387×299mm
内容量39リットル
重量8Kg
電源コード長さ2m
引き出し棚内寸:W275×H28×D250mm
耐荷重:12kg/枚
電気代の概算1日あたり約1円
乾燥剤交換不要

基本的なスペックは上の表のようになりますが、その他にも光触媒と可視光LED庫内を常にクリーンな状態に保ってくれています。

光触媒:太陽光や蛍光灯(LED)などの光が表面に当たると、強力な酸化分解力を持つ働きを作り出す。ウイルスや臭いのもとなどを除去してくれる働き。

東洋リビングならではの機能です。

防湿庫内をクリーンに保ってくれるのが良くて選んでいる方も多いですね。

7つのメリット

この章では、メリットを7つ紹介します。

かゆいところまで手の届いた機能もあり、いつも活躍してくれています。

メリット
超簡単な設定
稼働しているのかわからないくらいの無音
部屋に馴染むデザイン
地味にありがたいサービスコンセント
トップテーブルの使い勝手が良い
堅牢性がすごい
省エネ
東洋リビング (Toyo Living)
¥35,673 (2024/04/11 03:12時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

超簡単な設定

まず1つ目は、設定が超簡単なことです。

どのくらい簡単かというと、コンセントを差して待つだけ。

待つのは半日から1日程度と言われています。

「え!?」と思われる方もいるかもしてませんが、デフォルトの設定が庫内の湿度40%ほどなので、標準の設定で十分なんですよね。

上の画像で、光が青色になれば、設定した湿度になっているサインです。

稼働しているのかわからないくらい無音

2つ目のメリットは稼働しているのかわからないくらい無音だということです。

LEDの光が点灯しているので作動しているのは確かなのですが、動いているのかどうかわからないくらい無音です。

電化製品は多少なりとも音は出るものかなと思ってたのですが、むおんだったので、自然に生活の中に溶け込んでくれています。

神経質な方にとっては非常にありがたい仕様になっていますね。

部家に馴染むデザイン

3つ目はクラシックな見た目なので、部屋にあっても違和感のないデザインになっています。

どこに置いても大丈夫、どんなインテリアにも合うとは言い切れませんが、比較的馴染みやすいデザインになっているので、ダサい印象は受けません。

湿度計もアナログになっているので、見やすいですし、レトロな雰囲気でいい感じです。

大きくなってくると、防湿庫の面積も広くなるので、配置を考えないといけませんが、どこに置いても馴染みやすい設計なのはありがたいですね。

中は下の画像のようになっています。

シンプルな作りなので、操作なども何も困ることはありません。

サービスコンセントがありがたい

4つ目は、東洋リビングの製品でありがたいのがサービスコンセントです。

防湿庫の外に、コンセントが一つ付いています。ここでバッテリーを充電したり、スマホを充電したり、延長コードの代わりになったりと使い方は様々。

応用が効くのがいいんですよね。

そのコンセントを止めるクリップも付属しているので、ぶらんぶらんにならないのもありがたいです。

東洋リビング (Toyo Living)
¥35,673 (2024/04/11 03:12時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

トップテーブルの使い勝手が良い

5つ目はトップテーブルの使い勝手が良いことです。

何気にいろいろな物が置けてしまいます。

私の使い方は、スマホの充電のときにスマホを置く台として使用していますが、本を置いたり、マグカップを置いたりするなど、いろいろな使い方ができそうです。

前述した、サービスコンセントもあるので、カメラのバッテリーの充電にも使用できますね。

何気に、使いやすいトップテーブル。傷もつきにくいABS樹脂という素材で、耐荷重も5kgなので、いろいろな物が置けてしまいますね。

強気の5年保証だけど堅牢性がすごい

6つ目は堅牢性です。東洋リビングの製品のレビューや口コミを見ていると、「20年使っていて壊れたので」とか「15年使って動きが怪しくなってきたので」などが見られます。

いや、単位おかしくないですか?とツッコミを入れたくなんるのですが、それもまた強みの一つ。

東洋リビングの長年にわたって積み上げられた信頼は、堅牢性にもろに出ていると感じます。

購入すると、一応5年保証が付いています。しかし出番は、ほとんどありません。

ユーザーとしては非常にありがたいですよね。

ガラスにも強化ガラスが使われていたり、収納棚もカメラやレンズが落ちないような設計になっています。

カメラやレンズを守ることを第一に考えられていて非常に好印象です。

省エネ

7つ目は省エネです。

普通に稼働していると一日あたり1円以下です。電池交換や乾燥剤の交換も特に必要なく、一回購入したら、そのままでOKなのが非常にありがたいです。

ドライボックスを使用していると、乾燥剤の交換や湿度管理など、実は多くの手間がかかります。ランニングコストや管理する時間を考えると、防湿庫はコスパの良いアイテムと言えますね。

導入には多少勇気のいる価格ですが、買ってしまえば完結はありがたいことです。

東洋リビング (Toyo Living)
¥35,673 (2024/04/11 03:12時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

2つのデメリット

デメリット
価格が高い
色が選べなくなった

価格が高い

東洋リビング全体に言えることなのですが、機能が良すぎるがあまり、価格が全体的に高くなってしまっています。

今回ご紹介している、も4万円近く。

以前のモデルは25000円ほどで購入できたのに、最新のモデルは大きく価格が上昇しています。

価格面を考えると、導入に足踏みしてしまうのも納得してしまいます。

ランニングコストや管理する時間を考えたり、堅牢性を踏まえて考えたりすると、実はそこまで高くはないのですが、導入時の価格が高くなってしまうのはネックです。

色が選べなくなった

2つ目は色が選べなくなってしまったことです。

以前は白と黒でカラーが選べました。

しかし、最近は黒一色。

色が選べるとしても、容量が限られています。

白を基調としたデザインであれば、よりインテリアにも馴染む方が多かったのでは?と思っています。

悲しい改定でしたね。

些細なことかもしれませんが、地味に考えるカラーバリエーション。

少しでも選択の幅が広がると更にナイスなアイテムです。

まとめ|カメラを確実に守ってくれる

この記事では、を紹介しました。

メリット7つデメリット2つです。

メリットデメリット
超簡単な設定
稼働しているのかわからないくらいの無音
部屋に馴染むデザイン
地味にありがたいサービスコンセント
トップテーブルの使い勝手が良い
堅牢性がすごい
省エネ
価格が高い
色が選べなくなった
東洋リビング (Toyo Living)
¥35,673 (2024/04/11 03:12時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

デメリッ卜はあれど、それを大きく上回ってくれるメリットたち。

防湿庫を使うことで、カメラはしっかりと守られます。

カメラやレンズの天敵である、転倒による破損やカビの発生も防ぐことができるので、導入しない理由がありません。

しかも、管理も楽。

ぜひ、防湿庫を導入して、楽しい写真ライフを送ってくださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございます。コメントなどいただけると、記事の質向上や励みになります。ぜひお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

zookomi0124のアバター zookomi0124 東北のフォトグラファー

「おくのほそみち」というテーマで、東北を中心とした写真を撮影しています。
ブログの趣旨
写真を楽しむ全ての人に向けた
・写真を楽しむための撮影テクニック
・カメラなどの機材、アイテムのレビュー
・SNS運用
などを発信
SNS総フォロワー10万人
GENICなどの写真雑誌への寄稿など多数

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップできる目次)